2016年7月5日火曜日

余裕、という存在を明確にする






リラックス、ストレス、安堵に不安。
心の状態を示す言葉は、たくさん溢れています。
では、いったい自分は
いまどんな状態なのでしょう?

仕事で失敗した時は、きっと強く
ストレス状態であると感じるでしょう。
温泉旅行で湯舟にとっぷり浸かれば、きっと
リラックスした状態だと感じれるでしょう。
ただし、日常はグレーゾーンの時間帯が多く
『家でのんびりしているのに、
なんだか力んでいる』
『職場だけど、今日は
調子が良くて過ごしやすい』
そんな曖昧な場合も多くありますね。

特に、精神的な疾患があると
特定の状態が長く続き
『リラックスなんて感じたこと無い』
『興奮状態が続く』
といった場合もあるかもしれません。
そうなると、リラックスしている時間があっても
あまり記憶に残らないものです。


心の余裕を感じとる

リラックスを感じ取るには
自覚する為の
心構えが必要だと思います。
自分の状態を正確に知ると
普段は素通りしていた大切な時間に
気付けるかもしれません。

そのためには、
自分と向き合う姿勢が大切です。
しかし、結構これが大変。
『ストレスが続く中、それでも
働き続けなければいけない』
『憂鬱な時間が多すぎて
そんな生活を思い返したくない』
きっと、誰もが
自分を知るということが難しいと
感じているはずです。
なかなか勇気と根気のいる作業です。
でも、自分を知ることは
今後の生活を豊かにします。
イヤな事でも客観的に分析できると
冷静に対処できます。
そのため、心に余裕がうまれて
リラックスしている時間も
大切にできるはずです。


まとめ

これまでにも、ミラーリングなど
自分と向き合う方法を紹介してきました。
ぜひそれらを参考に、
今一度、自分について詳しくなってみてください。











0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack