ラベル 症状 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 症状 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2015年12月9日水曜日

過眠症、寝るのは必要、寝すぎは…





鬱病になると、多くの場合は
眠れなくなり睡眠導入剤を一緒に
処方されたりします。
不安や緊張から解放されず、
眠れなくなるのです。
そういった時は寝れないことの苛立ちや
更なる不安を覚え、眠れない状況を
自分から作ってしまいがち。

ただ、私の経験では
心療内科へ通って3ヶ月ほどで、不眠の症状は
和らいできます。
理由として、鬱に関する薬は、種類にもよりますが
少なからず副作用で眠くなるからです。

人によりますが
私は副作用の眠気で、仕事中に支障が出るほど
睡魔に襲われる期間がありました。
睡眠は大事ですが、睡魔というのも
かなり厄介…。

そして半年、一年と投薬を続けていると
薬に馴染み睡魔で困ることもなくなってきました。
副作用への耐性ができて、昼夜のサイクルが
戻り始めるのです。

こうして投薬に慣れてきた頃、起こしやすいのが
過眠です。
(睡眠薬や副作用での睡眠が
落ち着いている事を前提とします)


鬱は積極的なアプローチが必要

鬱は、投薬治療で鎮めることができても
根本を取り除くことは難しいと思います。
自発的な鬱へのアプローチが必要になってくるからです。

しかしここで足踏みをしていると、
生活に張りがなくなっていきます。
『仕事を頑張ったから』
『休める時くらい』
その思いが重なると、気力がだんだん薄れ
人によって
休みの日は布団から出ない、と極端な
休み方をするケースがでてきます。

睡眠は体調を整えるのに、とても大切です。
ただ寝れなかった過去を思い出し、
寝る事の比重を大きくし過ぎる傾向が見られます。
(私も未だに、ゆっくり休みすぎて
後悔する日があります)

あくまで
眠って、活動する正しいサイクルが大事。

眠りは身体の休息と、記憶や感情の整理です。
日中の活動があるから、睡眠は必要なのです。
こういった生活を続けていると、
動かないため身体がダルくなり
外界との接触がなく気持ちが憂鬱になります。
そして、具合が悪いからまた横になる
を繰り返すようになり
過眠症に陥っていきます。

経験した限り、過眠の後は
鬱症状に近い不快感に襲われます。
そして、行動力が著しく低下。
自分からその状況を打破するのは
なかなか至難の技です。



2つのおすすめポイント

そこで、私が心がけている2つのコト。

自分で抜け出せないのなら、外からの接触
(買い物や遊びに誘われる等)
これには乗っかってみましょう。

動きたくないなりに、少しずつ動いてみましょう。
(音楽をかける、窓を開けてみる、ノビをしてみる)

余談ですが、睡眠状態が必要以上に続くと
脳内細胞が死んでいくと医学的に言われています。
脳を動かしてあげないと、
酸素が回らないのでしょうか?
とにかく、寝すぎは
体にも心にもあまりお勧めできません。
その時間を、有意義に過ごしてみましょう!





2015年12月5日土曜日

動悸がする、原因を知ると楽になる?






鬱による動悸

普段の生活の中で、突然動悸に襲われたこと
ありませんか?
もちろん、激しい運動などは省きます。

鬱病の私が1番苦しい症状が、
まさにそれです。
今回は数々の見解から、自分なりに
まとめた原因と対策を記します。


動悸というものについて

私はある時から、
胸が締め付けられるような感覚になった時
血圧計でその状態を測っていました。
毎回、きっと血圧が高いんだろうと
測定の値を見るのですが
たいてい170/90あたりで若干高い程度、
鼓動がわかるほど症状が出て苦しいのに
なぜだろうかと不思議でした。

ある時動悸について調べ、実は
脈拍に関わる症状であったことを知りました。
確かに、毎回脈拍の数値は100を超えたりと
気になる測定値だったので納得。

そして、その原因を追求するようになりました。

動悸の症状は
風邪の症状に似ているという事。
風邪をひくと、熱が上がり
フラフラしてしまいうっとうしく感じます。
しかし、発熱とは
体がウイルスと戦う体制になった
という事を忘れてはいけません。
実は動悸というのもそれと似ていて
ストレスに対し
体が対抗しようとする症状だそうです。


そんな時、私たちが取るべき行動は

そう、風邪をひいた時と同じで
安静にする事です。

とはいっても、動悸のために
毎回安静とはいきませんよね。
そこで簡単にできるのが深呼吸です。
もし『そんな事で治るはずが…』
と思ってしまったなら、まず信じる事から
はじめてみましょう。
深呼吸は実際に効果的で、道具も動作もいらず
いつでもどこでも試す事のできる対策です。
確かにあまりに簡単すぎて拍子抜けですが、
効果を実感するたび、深呼吸の効果も
上がっていきます。
信じるほど、効果が出るのです。


鬱の動悸について、朗報

この記事は心療内科の帰りに書いているのですが
たった今、先生から期待のできる方法を
教わりました。(もっと早く知りたかった…)

それは、自律訓練法です。
話によると、訓練というだけあって
カウンセラーと行わない
難しい内容だそうですが
〝自分への暗示〟を目的とし、
オートマで働いている自律神経を
こちらで運転できるようマニュアルにしよう
といった取り組みだそう。
別記事に記載しますので、気になる方は是非。

2015年11月29日日曜日

鬱による首、肩、背中、腰の凝りについて







鬱病患者を悩ませる、コリについて

今回は、最も不調の出やすい
〝コリ〟についての体験談です。

鬱病を抱え仕事をしていて、
まず苦しむのは
身体中の重い倦怠感ではないでしょうか。
気付いている方が大半と思いますが
この原因は、慢性的な緊張状態による
筋肉やスジの強張りです。

この症状ばかりは、
鬱病とセットみたいなもので
上手に付き合うしかないでしょう。

今回は、私が試した中で
最悪の解消法と、最良の解消法を
紹介します。

最悪な解消法

ずばり、市販の痛止め薬です。
たぶん今まで試した中で
最速で最強なのが、痛止め薬で
鎮静化する方法。

試すとわかるのですが、
一時凌ぎではないんです。
飲んだ後は、痛みが消えると共に
緊張状態から解放され
私の場合は気持ちのゆとりすら感じました。
そのため、
鬱薬の穴埋め(薬が切れた間)などに
頻繁に飲んでしまったんです。
鎮痛剤の恐ろしさを知ったのは、
2ヶ月ほど常用するようになってから
私が感じた不調は、絶えず食べた物が
喉手前まで溜まっている感覚。
そんな状態ですから、ゲップなんて命取り
ちょっとした拍子に逆流してくるんです。
調べました。
鎮痛剤を飲むようになった時期と
一致していたので、すぐに理由が
わかりました。

鎮痛剤には、副作用で
胃酸の分泌を抑えてしまう効果があるそうで。
その結果、私は食べたものが消化できず
食道まで溜まってしまっていたんですね…。
さらにわかったのが、胃酸が抑えられると
胃の粘膜が薄くなり
胃潰瘍や胃癌を引き起こすそうです。
なんとも恐ろしい…

さらに調べると
入っている成分によっては
感情を感じにくくなる成分や、
出血が止まりにくくなる成分など
かなりリスクの高い薬である事がわかりました。

ただし、生活に支障が出るようでしたら
上手に使うのはいいと思いますよ。
あくまで、常用は危険という事です。


最善の解消法

もちろん、スポーツなどが良いのは
わかっています。
特に私はプールへ泳ぎに行くと
スカッとします!
ただ今回は鬱でしかも身体が重い訳ですから
なるべく手軽な方法を。
私が試した中で最も気に入ったのが、
低周波治療器です。
マッサージ機も色々なタイプ試しましたが、
物理的な為に揉み返しになったり
位置や揉み方が定まら
理想通りとはいきませんでした。

そんなかんじで、マッサージ機を
とっかえひっかえしている間
ブレずに使い続けたのが
低周波治療器でした。
はじめは安いタイプでしたが、
あまりに気に入って高性能な機種に
変更したほどです!
昔はよく鍼治療を受けていたんですが
感覚は似ているかもしれません、
深い位置の筋肉とスジにも効きます。

低周波治療は整体などでもやってくてます、
私は先生のマッサージと会話が
好きなので通っています、
でも低周波の治療が目的なら
考えていいかもしれません。

若干のコツがあるので、
慣れる必要があります。
でも慣れる前に使わなくなってしまうのは
もったいない!
コツとしては、
『なんか、ピリピリ痛いだけ』は
ちゃんとした位置に当たっていないです。
ちゃんとした位置にバッチリあたると
気持ち良すぎてそのまま寝ちゃえます。
なので、寝る前に使うのであれば
はじめる前に目覚まし時計を
セットするのを、オススメします。



2015年11月27日金曜日

依存は薬だけではない!ネット依存について考える。




ネット依存症

昨今、ネット依存症という言葉が
ちらほら取り上げられるようになりました。
(〜症とあるが、
病気としては認可されていない)
症例としては、みなさんが
想像されているものから意外なものまで。

ざっとあげていきましょう

・オンラインゲーム
・チャット
・twitter
・facebook
・LINE
・mixi
・YouTube
・ブログ(私も当てはまるんでしょうか…)
・掲示板
・ネットサーフィン
・ネットオークション
・Wikipedia

私としては、最後のウィキペディアは
ちょっと想像つかなかったです。

見てみると、カテゴリーで
分けられそうですね、
以下の3つに分類してみました。

・オンラインゲーム
ソーシャルメディア
・インターネット

このどれかに絡んでいるようです。

それ以外でも、こんな特殊例も

・エゴサーフィン
自分の名前を検索

・サイバーコンドリア
体調不良を検索

・ウィキペディアホリズム
ウィキペディアの編集

・フォトラーキング
他人の写真アルバム


いってしまえば、端末を使用した
環境ではいつでも起こり得る訳ですね。
しかもどの分野で依存するかもまちまちで
対策を立て辛いのかもしれません。

一般に注意がなされているのは
『鬱に発展しやすい』という事。
裏を返せば、すでに鬱である人間は
一般の人以上に気を配る必要があります。

では、対策を立てるため
ネット依存になる傾向の人を
あげてみましょう。

・友達が少ない
・家族と上手くいってない
・凝り性である
・ネット以外趣味がない
・SNSでの繋がりが大切
・忙しい合間の息抜き
・将来のヴィジョンがない
・常に携帯が手の届く場所にある

身に覚えがあれば、気を付けた方が
良いかもしれません。

このまま対策に進んでも良いのですが
ネット依存症がどんな症状なのか
知っておきましょう。

世間で騒がれるようになった背景に、
重症化する患者が増え始めたことが
あると私は思っています。

ネット社会で生活するうえで、
そういった環境を持たないことは
かなり不利でもあります。
生活面では割引やクーポン
仕事でもパソコンスキルは必需です。
そんな中で『ネットは危険なんです』
と発信しても、誰も見向きしないでしょう。
ではいま、なぜ広く知られてきたのか。

それは、ネット依存症が想像を超えて
恐ろしいものであるからなんです。
実際に重症化してしまった例として

プライベートのスマホを忘れ通勤、
遅刻を覚悟で取りに帰る。
これは社会性が欠落しています
仕事で使わないのなら、諦めるべきところ。

授業や仕事の間も、
ネットの事ばかり考えている。
特にゲームをする方は覚えがあるのでは?
時間制限付きのイベントなどに
振り回されてしまう現象。

SNSでつながりのある人から
返事がなくソワソワする、不信感がつのる。
レスポンスの良さが裏目に出て、
返事までの時間が少し空いただけで
嫌悪感を抱いてしまいます。

物事を、ネットの意見無しには
不安で決めれない。
自分の意思が二の次になり、周りと
同じでないと不安になってしまう。

充電が切れるとイライラする、
切れてもいいよう予備のバッテリーを
何個か所持している。
現実より端末に意識がいってしまい
本当に大切なコトに気付けなくなる。


そして終いには、医者にかからない限り
端末を手放すことができない状態に…

最終的に、
精神障害や自殺願望を
抱くようになるそう。
もう他人事と、
知らぬふりはできないですね。


では最後に、対策は?
述べてきたように、これは依存症なので
かかってしまったら
医療機関に相談する事をオススメします。
予防策として、知っておきたいのは

・ネット環境に触れる時間を減らす
・知りたい情報は
専門家(医者など)に聞くか書籍で調べる
・ゲームは帰宅後、1〜2時間を目安に
・寝る30分前には画面を見ない
・メッセージで3度以上のやり取りは
電話に切り替える

あとは、自分が治していこうと思う意志です。
何事も、本人のやる気次第で
良くも悪くもなるのです。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack