ラベル イライラ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル イライラ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年2月18日木曜日

鬱病に効果のあるハーブ、バジル

時代によって扱いが変わったバジル

ある時代では、憎悪の意味をもち
またある時代では、愛の意味をもたされたハーブ。
バジル自体は、どう思っていたのでしょうね?


バジルの効能とは?

胃炎、胃痙攣、消化促進と
食事と縁が深いハーブなんです。
料理に入っているのも、
その独特の味わいと
効能によるものでしょう。
イライラや不眠症、アレルギー症状にも効き
気持ちがスッキリとして
気分転換に良いですよ。


意外と知らない美味しいバジルティー

バジルの中でも、スイートバジルという種が
お茶としては飲みやすいです。
料理の印象が強いので
お茶として飲む感覚は想像できないかもしれませんね。
とてもスパイシーで、少し甘みがあるのが特徴。
風味が独特なので、
ブレンドティーとして飲むのが一般的です。
私が栽培していた時は
どの種より採取する頻度が多く
料理にもお茶にもできて
とても楽しめました。
また胃に優しい効果があるので
食事に合わせて飲むのがオススメです。

鬱病に効果のあるハーブ、バーベイン

神秘の草バーベイン

昔から、悪魔祓いの草として親しまれてきたバーベイン
儀式で使われたり、神話にも登場する
心強いハーブなんです。
もしかしたら、その薬効に気付き
スピリチュアルな分野にも取り入れられたのかもしれませんね。


昔から親しまれる、その効果は?

育児中の女性にとって、悩みの種となりやすのが
母乳が出ない、出にくいということ。
このハーブには催乳作用があり
出産後の強い味方です。
また鎮静作用があり、
緊張やイライラによるストレス
またストレスに伴う痙攣にも効きます。

疲労回復にも一役買い、その苦味で
朝の気付けになるかも?


味に難あり?

苦味と渋みのあるバーベイン、
ハーブティーとしては好みが分かれると思います。
ただ、スッキリとした後味などから
レモンバームなどの爽やかなハーブと組み合わせると
飲みやすいですよ。



2016年2月14日日曜日

鬱に効果のあるハーブ、レモンバーム


サッパリ系ハーブ代表レモンバーム


ハーブに興味があれば
耳にするであろうこの名前。
その爽やかでさっぱりした風味は
誰もを虜にします。
花の香りも素敵で、
ミツバチが誘われてきます。
そのため、別名を
メリッサ(ラテン語でミツバチ)
と呼ぶことがあります。


長寿のお茶!

このハーブティを毎日飲み、
100歳をこえて長生きしたという話があり
長寿のお茶としても認識が高いのです。
効能は、
不安やイライラを和らげ
気持ちが穏やかになります。
抗鬱作用があるとされていて、不眠などにも
効果を発揮します。


名前の通り、スッキリした味わい

なんといっても、いちばんの特徴は
その清涼感でしょう。
スッキリとしていて、ブレンドのアクイセントに
よく使用されます。
またアイスでも美味しくいただけるので
夏場はアイスティーとしても
好んで飲まれます。
私のオススメは
レモンバーム
レモングラス
レモンバーベナ
の三種類のブレンドティーです。
スッキリしながらも、深い酸味が楽しめます。
是非おためしください。

2016年2月12日金曜日

鬱に効果のあるハーブ、ラベンダー






メジャーだけど、実はすごい!

芳香剤、消臭剤などでもおなじみの
とてもメジャーなハーブです。
よく乾燥したものを布に詰めた
匂い袋などもありますね。
あのステキな臭いに、誰もが
癒され落ち着くことでしょう。
実際に、薬効として
不安の解消、イライラを抑える
眠りへの導入効果などがあります。


体調も改善させる癒しパワー

神経がトゲトゲしていると
消化器系や整理に不調をきたしたり
頭痛や高血圧、動悸などの体調不良が
起こることがありますね。
ラベンダーはそれらを神経を沈めることにより
改善させる効果が期待できます。


好き嫌いのわかれるハーブティー

ステキすぎる香りのおかげで
ラベンダーの香り=消臭剤=トイレ
という方程式が無意識に呼び起されます。
人によってはこれのおかげで、
飲み物として認識しづらい部分があるようです。
ただし、まろやかでほのかに甘い味は
とても気持ちが落ち着きます。
少し工夫してブレンドで飲むのも
良いかもしれません。
私は、セントジョーンズワートと合わせて
まろやかなお茶として飲むのが好きです。

2016年1月29日金曜日

鬱病に効果のあるハーブ、カモミール








古くから親しまれるカモミール

キク科の植物で、古来より
親しまれたハーブ。
その起源は古く、
古代エジプトやギリシャ
イギリスでも昔から薬として
使用されていたそう。


カモミールの効果

カモミールは昔から
面白い用途でも使われていました。
床に撒いたり
庭園に群生させたり
していたそうです。
カモミールの上を歩くと、
芳香がたちとてもリラックスできたと
言い伝えられています。
それにとても丈夫で、
いくら踏まれても負けないことから
『カモミールの苗床のごとく
踏まれる度に成長せよ』
という言葉があるほどです。

ハーブティーの効能として
幅広い不調に効くとされます。
神経障害の不快感
美肌効果
抗炎症作用
アレルギー改善
胃炎や下痢の改善
などなど
炎症や神経の鎮静作用に
特化しています。
怒り・ヒステリーなどの
興奮した状態を鎮めます。


ハーブティーとしての飲み心地は?

香りはリンゴのようで、まろやかな印象です。
個人的には
ミントなどサッパリ系との相性は
あまり良くないようで、ミルクを加え
まろやかに仕上げると飲みやすいようです。
またローマンカモミールには若干
苦みがあるので、苦手な方は
ジャーマンカモミールをオススメします。

生理痛などにも効くとされ、女性に人気
また喘息などにも効果があるとされ
なかなか有能なハーブですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack