ラベル 不安 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 不安 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年2月14日日曜日

鬱病に効果のあるハーブ、セントジョーンズワート(セントジョンズワート)


セントジョーンズワートって、なに?

セイヨウオトギリソウと呼ばれる、
オトギリソウの仲間です。
昔から憂鬱や暗い気持ちに対し
効果のみとめられるハーブです。


抗鬱剤クラスの効果を誇るハーブ

セントジョーンズワートの薬効は
他のハーブと比較してもかなり強く、
その効果は弱った心へ作用します。
欧米では
サンシャインサプリメントと呼ばれ
暗い気持ちを吹き飛ばすほど
効果的に作用します。


飲む際は要注意!?

これまでの内容でもわかる通り
精神内科で処方される鬱の薬に
匹敵するほど効く場合もあります。
そのため、妊娠中や
他の薬と併用する場合は
必ず医師に相談することをオススメします。


では、ハーブティーのお味は?

今回も主観ですので、
感じ方が違った場合はあしからず。
一般には
サッパリ
飲みやすい
とありますが、私の印象は
まろやかでちょっと苦みがあり
カモミールなどと相性がいいのでは?
と思っています。
個人的には、はじめの時は苦手でした。
しかし飲み慣れると、独特の風味が
けっこうクセになります。

きっと薬効の強さに、少しためらう方も
いらっしゃるかもしれません。
依存などの症状はなく、どちらかというと
鬱の薬より安心できるぶん
憂鬱が続くときは、先にこちらを
お勧めしたいほどです。
鬱病だけでなく、
ダイエット中や禁煙中のイライラや
日々のストレス緩和にも効果的です。
気になる方は、一度試してみてください。


鬱に効果のあるハーブ、レモンバーム


サッパリ系ハーブ代表レモンバーム


ハーブに興味があれば
耳にするであろうこの名前。
その爽やかでさっぱりした風味は
誰もを虜にします。
花の香りも素敵で、
ミツバチが誘われてきます。
そのため、別名を
メリッサ(ラテン語でミツバチ)
と呼ぶことがあります。


長寿のお茶!

このハーブティを毎日飲み、
100歳をこえて長生きしたという話があり
長寿のお茶としても認識が高いのです。
効能は、
不安やイライラを和らげ
気持ちが穏やかになります。
抗鬱作用があるとされていて、不眠などにも
効果を発揮します。


名前の通り、スッキリした味わい

なんといっても、いちばんの特徴は
その清涼感でしょう。
スッキリとしていて、ブレンドのアクイセントに
よく使用されます。
またアイスでも美味しくいただけるので
夏場はアイスティーとしても
好んで飲まれます。
私のオススメは
レモンバーム
レモングラス
レモンバーベナ
の三種類のブレンドティーです。
スッキリしながらも、深い酸味が楽しめます。
是非おためしください。

鬱に効果のあるハーブ、レモンバーベナ






意外と知られていないレモンバーベナ

私はこのハーブが大好きなのですが
なかなか認知度は低いようですね。
成長すると3mほどにもなりますが、
私は鉢植えで上の枝を切り、
左右に枝を伸ばさせて収穫を楽しみました。
花は純白で、夏には見ているだけで涼しく
そよ風に葉が擦れ香ると
さらに爽やかな気持ちにさせてくれます。


神聖な草、レモンバーベナ

バーベナとは神聖な植物という意味だそうで
犠牲を捧げる、誓いを立てるなどの際に
重要な役割をはたしていたそうです。
また、花言葉も『忍耐、関大、魅力』と
なにか力強さすら感じてしまいます。


その効能は?

不安な気持ち、悲しい気持ちを癒すといわれ
気持ちが明るくなるといわれます。
不眠にも効果があり、それ以外にも
消化器系の調子を整えたり
気管支炎にも効果があるので、
風邪気味の時には飲んでみたいですね。


その味は?

レモン由来の芳香成分があり、レモンのように
スッキリとした味わいです。
またサッパリした中に香る、
独特の風味がとても好きです。
私は清涼感のあるハーブと
ブレンドするのが好きですが、
苦みがあったりして
飲みにくいハーブに混ぜてやると
とてもスッキリ飲めますよ。

2016年2月12日金曜日

鬱に効果のあるハーブ、ラベンダー






メジャーだけど、実はすごい!

芳香剤、消臭剤などでもおなじみの
とてもメジャーなハーブです。
よく乾燥したものを布に詰めた
匂い袋などもありますね。
あのステキな臭いに、誰もが
癒され落ち着くことでしょう。
実際に、薬効として
不安の解消、イライラを抑える
眠りへの導入効果などがあります。


体調も改善させる癒しパワー

神経がトゲトゲしていると
消化器系や整理に不調をきたしたり
頭痛や高血圧、動悸などの体調不良が
起こることがありますね。
ラベンダーはそれらを神経を沈めることにより
改善させる効果が期待できます。


好き嫌いのわかれるハーブティー

ステキすぎる香りのおかげで
ラベンダーの香り=消臭剤=トイレ
という方程式が無意識に呼び起されます。
人によってはこれのおかげで、
飲み物として認識しづらい部分があるようです。
ただし、まろやかでほのかに甘い味は
とても気持ちが落ち着きます。
少し工夫してブレンドで飲むのも
良いかもしれません。
私は、セントジョーンズワートと合わせて
まろやかなお茶として飲むのが好きです。

2016年2月9日火曜日

鬱病に効果のあるハーブ・ローズヒップ






ローズヒップはやる気の元

ローズヒップは、美容の味方として
知名度が高いです。
その由来は、
ビタミンCの爆弾と呼ばれえるほど
豊富にビタミンCを含んでいるからです。

美肌効果もさることながら
免疫力を高め、健康の維持にも
一役買っています。
また抗酸化作用により老化防止の作用があり
体が錆びるのを抑制します。


ハーブティーとしての魅力

ハーブティーの素材として使用すると
美しいルビー色のお茶が出来上がります。
独特な酸味が、気持ちをリフレッシュさせ
やる気を出させます。
またカフェインフリーですので
寝る前に飲むとビタミンCをたくさん摂取でき
とてもお肌に良いんですよ。
女性だけでなく、男性にも嬉しい
美しさとやる気の味方です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack