ラベル 失感情症 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 失感情症 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年8月23日火曜日

鬱病と喜怒哀楽について、感情は出すべき?抑えるべき?






心の病にも種類が山ほどあり
実際のところ、
喜怒哀楽(感情)を出すべきか
それとも少し落ち着いた方がいいのか
人それぞれな部分があり
一概にはいえないのが事実です。
そのため今回は、抑鬱病に焦点をあてて
見ていきます。


双極性鬱病との違い

感情の話をする前に
確認したいのが躁鬱病抑鬱病の違いです。

抑鬱とは、気分が沈んだ状態が続く場合です。
躁鬱とは、気分に波があり沈んだり上がったりします。
ただし躁鬱病で注意したいのは、
気持ちが高ぶりすぎて不自然になったり
イライラする度合いが大きくなってしまう
そんなリスクを兼ね備えている部分です。

そのため、この2つはまったく違う病気で
アプローチも薬もまったく違ってきます。
躁鬱病は基本的に波を抑える必要がありますから
薬は感情を制御する手助けをしてくれます。

それでは逆に、抑鬱病はどうでしょうか?
ここからは抑鬱病の感情について考えていきます。


筋組織から見た感情を出す必要性

感情開放というものがあります。
整体などからくる、筋肉の緊張に関する考え方です。
感情を表現する際、
例えば怒りから顔が強張り赤くなるほど力んだとして
その状態は怒りが収まるとすっと引きます。
筋肉の緊張が解けるんですね。
泣いたり笑ったり、やっぱり
顔の筋肉や横隔膜、目の周りの筋肉や涙腺など
体全体で表現します。
しかし、その感情がおさまると
筋肉もゆるみます。

でも、感情を出さなければ
筋肉が緊張する必要もないですよね。
物事に対して、一喜一憂するのは
疲れると感じますか?
しかし、感情が上手く現れない事によるデメリットは
とても大きいのです。

感情を出す事は、発散する事です。
その一瞬は筋肉を使用しますが、
気持ちをスッキリさせると同時に
筋肉も感情を出す前よりリラックスした状態になります。
逆に、感情を心に押し込めてしまい
怒ったり泣いたりすることを拒んだ場合
筋肉を使おうとする働きに抗い強張ります。
またその状態は持続し、あらゆる感情を出すまいと
常に無理な力が顔や体全体の筋肉に
かかることになってしまうのです。


失感情症の危険性

失感情症を、アレキシサイミヤといいます。
書いて字のごとく、感情を無くしてしまう
という症状です。
これには色々含まれ
感情を感じれなくなることや、
感情を言語や行動で上手に表せない事も含みます。

もともと、感情が脳で沸き立つと、
無意識に体の各箇所も反応して動きます。
これを理性で押さえつけてしまうと
感情が薄れていき、やがては表に出て来なくなります。
『大人にもなって泣くなんてみっともない』
よくそんな言葉聞きますが、とんでもありません。
速い時間軸で動くストレス社会において
感情を露わにできる人ほど発散性に優れています。


まとめ

感情とは、気持ちを外へと発散させる行動です。
食事をした後は、不必要な部分は排出しますよね。
感情も、外からの刺激の中から
必要なものは経験として得て、必要ない物は
感情と共に外へ発散させる必要があります。
ただし、感情を上手に出すことは
待っていてもできません。
一度失った感情は、自分から積極的に
表に出そうと心がけ続ける必要があります。
自分だけでは難しい場合は
カウンセリングなども有効です。
感情をありのまま出して、
人生をおもいっきり過ごしてみませんか?

2016年1月18日月曜日

最近、大声を出しましたか?叫んで鬱を解消





日本人は、感情を表に出すことを
特に制限する人種ですね。
感情を露わにするのが、下品という
ひどく偏った考え方をする人もいます。
こればかりは、歴史も深く
日本社会がそうである以上
上手に付き合っていく必要があります。


感情を抑えると、どうなる?

人間は、そもそも
感情的に生きるようにできています。
感情を抑えることは、かなりの負荷
ストレスを自身にかけていることになります。
『私はめったに怒らないから』
『涙なんて大人になって出したことない』
それは性格からくるかもしれません
しかし、感情を抑えている事に
気付いていないだけという可能性も
あるのです。


感情をセーブしてしまうと…

社会において、感情的にふるまう事は
けして格好の良いものではありません。
上司に怒られ、ふてくされている職員なんて
いませんよね?
でもその時の感情は、決して
間違ったものではありません。
内容が、怒られて当然な内容でも
それに対し反発して怒りたかったり
不甲斐なくて泣きたかったりしたいはずです。

そういった感情たちを押さえ続けると、
感情を表へ出さない事に慣れていきます。
そして感情の制御にすら気付けなくなると
失感情症(アレキシサイミア)という病気に
なる恐れもでてきます。


我慢の限界を超えると…

失感情症にならなかったとしても、
感情を抑え続けるといずれ反動が出ます。
突然、感情が溢れだし
狂ったように怒り暴れたり
酷く悲しくなり鬱症状を加速させる
原因にもなりかねません。
それに加え、震えやめまいなど
体調に支障が現れる事もあります。


大声でストレス発散、その効果は?

方法はたくさんあります、
カラオケ、絶叫マシーン、スポーツ観戦
でも面倒…
そんな方にお勧めなのは
クッションに顔を押し付けて叫ぶ
水をはった洗面器に顔を入れて叫ぶ
など
単純な方法ではありますが
効果がありますよ。

大声で笑うと、ナチュラルキラー細胞
増えるといわれています。
この細胞は、ガンやウイルスを見つけ
単独でやっつけてくれる
頼もしいボディーガードです。
元気は健康から、楽しくなくても
無理に笑っていると、
そんな自分が面白くて
いつのまにか本当に笑っているものです。

また大声で泣くと、眠る状態と同じくらい
リラックスできるという結果もあります。
すぐに泣きなさい
と言われても難しいですが
映画や漫画などで感動し涙が出るのも
方法としてあります。


是非、試す機会がある時は
むしろ大人気なく大声をだしちゃってくださいね。

ちなみに、私は寝る前
『今日は大きな声を何回出したか』を
カウントしてみたりします。
これが意外と驚きの結果で、
『今日は0回、昨日も0回、一週間0回…』と
大声を出すというのは、人によっては
その機会がほぼないという場合があるのです。
カンタンなデータではありますが、
面倒くさがりな私でも
無理をして大声を出したい衝動に駆られます。
もし同じように、試すのが億劫な場合は
最近いつ大声を出したか、思い出してみるのも
いいかもしれませんよ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack