ラベル お風呂 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル お風呂 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年6月10日日曜日

憂鬱感や鬱病、台風の影響は?気象病について







これまでにも、
低気圧が気持ちへ与える影響について
何度か記事にしてまいりました。
今回は、低気圧の親玉ともいえる
台風についてです。


日本人の6割は低気圧で不調?

低気圧で体や心に影響が出ている方は
かなり多いようです。
気象庁の調査では、日本人の6割は
低気圧の時に不調を感じているようです。
症状として
頭痛・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・吐き気
などです。
他にも、
「節々が痛くて…」「古傷がうずいて…」
なんてことをよく聞きますよね。
他にも、自覚していない方が多いようですが
低気圧になると
イライラしやすくなる方がいるようですよ。


天気の病

その場の状況に合わせ、病に
名前を付けるのは最近の流行りでしょうか?
この症状、天気により症状が
出る・悪化するという状態を
気象病(気象病)というそうです。

頭痛がしてきて、ふと空を見ると
雲が流れて来ていた
という経験を私もよくします。


気象病の原因とは?

低気圧で具合が悪くなるというのは
誰でもなんとなく聞いたことあると思います。
では、詳しい原因はいったい何でしょうか?

低気圧の時は、字のごとく
気圧が低くなります。
気圧の原理は
自転車を思いうかべるとわかりやすいです。
タイヤの空気がパンパン(中の気圧が高い)だと
とても走りやすいですよね。
タイヤの空気が少なくなってくると
こぐ力が増えて走りにくくなります。

低気圧の場合は、
体の周りにある空気の密度が微少ながら減り
外から押さえていた力がゆるまります。
その時、体内では

血管⇒血管が膨張する
神経⇒膨張した血管で圧迫される

という状況になります。
すると主な症状として
高血圧や脈拍数が過多になったり
必要以上に神経が反応し気分不快を起こす
ということが上げられます。

二つ目の影響として
空気の張りがないということは
空気中の酸素量が減っている状態です。
これも微々たる変化ではありますが
梅雨時期などで一日続くようだと
知らないうちに疲れがたまる場合が多いです。


低気圧の対策

上手に低気圧をやり過ごすには
どうしたらいいでしょうか?
おすすめの方法をいくつか紹介します。

一番効果的と思われるのが
お風呂です。
ぬるめのお湯にゆっくり浸かると
副交感神経が優位になり
気持ちが落ち着きます。
同時に、水圧によって
体へ圧力が加わりますので
心臓への負担も下がります。

ストレッチも効果的です。
体をフルに動かす運動ではなく
ゆっくりと、体の部位を
伸ばしたり縮めたりねじったり
それによって滞ったリンパが流れたり
神経がリラックスします。
ヨガなどは特に有効で、
深呼吸を念頭において
しっかり呼吸しながらストレッチをすると
かなりの効果が期待できます。

2016年10月11日火曜日

闇風呂が秘かなブーム?その癒し効果とは






ひそかなブームに、闇風呂があります。
名前だけ聞けば
『怪しいし怖い』『電気消すだけでしょ?』
と思われるかもしれませんが
意外なリラックス効果に
沢山の好意見が寄せられているようです。
そんな闇風呂を、徹底解明していきます。


闇風呂の癒し効果

闇風呂は、真っ暗な浴室で
湯船に浸かった状態をいいます。
手軽すぎる内容に、たいした
リラックス効果は期待できそうにないのですが
意外や意外、その効果は
かなり大きいようです。

そのメカニズムとしてささやかれるのが
暗闇による、光刺激の遮断です。
目を閉じていても、光はまぶた越しに届きます。
電気を消してしまえば、
目への負荷がなくなります。

補足として、以前も記事にしたのですが
目の裏には神経細胞の束が存在します。
目をつぶり、まぶたを優しく抑えたり
温めたりすることで
目の裏の神経をリラックスさせます。
この神経の束は全身に繋がっており
体全体がリラックスできるそうです。
それほど、目と神経の関係は深いのです。
目への刺激がなくなるだけで、
全身の神経も穏やかになるのです。

私の実体験より

私はここ1年、
電気の代わりにキャンドルを使い
お香を焚いて水風呂に入っています。

かなり変わり者と思われるかもしれませんが、
精神的な癒し効果は自覚できるほどです。
もちろん、水風呂やキャンドルなど他の要素が
良い効果をもたらしている可能性はあります。
ただ実感としてあるのが
暗闇の方が、
深呼吸で心が整うまでの時間
これが短く済むのです。
また、湯船で瞑想するなど
気持ちを落ち着かせる習慣がある方は
是非試していただきたいです。
目を閉じて、明るく感じるか暗く感じるか
この差は大きいです。
暗い中の方が、無心になれると感じています。



注意すること

ただし、あまりの癒し効果に
危険な思いをした方が多いようです。
『湯船で思わず寝てしまった』
『足元が見えず滑った』
これではせっかくの癒し空間を
安心して楽しめません。
そこで、キャンドルの使用や
脱衣所の電気だけはつけておくことを勧めます。
それに、若干の光は良い影響が期待できます。
生き物は、
暗闇より月光がある方が安心するそうです。
少し光が溢れている方が
効果が大きいかもしれません。


まとめ

日中は、光刺激によって神経が興奮しています。
そして、夜間も寝るまで電気をつけて過ごします。
就寝前も、部屋は暗いのに
テレビをつけていたり
スマホを操作する日課がある人は多いと思います。
湯船に浸かる数分間は、
心から解放される刺激の少ない環境を
用意してみてはいかがでしょうか?

2016年2月17日水曜日

疲れているからこそ注意!お風呂で寝オチは命とり





皆さん、お疲れ様です。
そんなお疲れな時に注意したい
ある現象について。


風呂の湯船で眠くなりませんか?

お風呂といえば、汚れとともに
1日の疲れを洗い流す場でもあります。
好みの湯温でどっぷり湯に浸かると
思わず『はぁ〜っ』と
声が出てしまうほど気持ちの良いものです。
その気持ちよさに、眠気が起こる場合もありますね。
しかし、眠気だと思っているその症状
もしかしたら危険なサインかもしれませんよ。

湯船での急激な変化に危険信号

湯に浸かるというのは、科学的にみると
温水に身体が温められると同時に
重力が軽減する代わりに水圧がかかります。
この時の身体状況を知らないでいると
自己を招く可能性があるんです
入る際に湯船にどっと浸かる
出る際に突然湯船から立ち上がる
この習慣がある人は要注意!

実は、日本における溺死は
世界でもトップクラスで
その多くが浴室内だそうです。
国内の事故を見ても
統計に反映されていないものを含めると
交通事故を上回るといわれるほど多いそうですよ。


温熱作用と静水圧作用による失神

温熱作用とは、
文字の通り湯に身体が温められること。
この時、身体の中では
末梢血管(指先足先など)に広がります。
手足が冷たくなることからわかるように、
心臓から離れた部分には血液が行き渡りにくいです。
しかし湯温で末梢まで温まり、
血液は普段より多く末梢まで巡ります。
良い効果といえますが、
急激にこの状況が起こることにより
脳への血液が足らずに
貧血による失神が起こる場合があります。
湯に入る前の身体が脱衣室で冷やされていると、
特に危険だといわれます。

静水圧作用とは、
たえず同じ水圧に身体がある状態です。
血液は動脈から送られ静脈により戻りますが
生脈には逆流防止の弁がついています。
これを静脈還流と呼びますが、
水圧により血液が戻りにくい状況が起こるのです。
すると身体は
普段より強い力で血液を送ろうと働きます。
この状態から急に立ち上がる(水圧から解かれる)と
めまいを起こし失神することがあります。

温熱作用と静水圧が同時に起こるこの状況は
身体にとって特殊な状況なのです。


安全に入浴を楽しもう!

しかし、日本人にとって
お風呂は憩いの場。
みんなが大好きなお風呂、
正しく安全に入ってみませんか?
まず、先に書いた通り
湯船の出入りをゆっくりにするだけで
ほとんどの事故を防げます。
さらに付け加えるならば、
脱衣室を暖かくする
入浴前にじゅうぶんシャワーで身体を暖める
肩まで浸からず半身浴にする
肩まで浸かる場合は出る前に半身浴してから出る
これらが効果的です。
日本人は、
どうしても湯船に気を許してしまうようです。
海外では儀式的な意味合いなどが強いのに比べ
日本ではリラックスする場として利用することも
事故を起こす要因にあるそうです。
せっかく気持ちの良いお風呂の時間
このことを、少しでも
頭の隅に置いていただければと思います。
Have a good bath time!



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack