ラベル 不眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 不眠 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年8月22日月曜日

私の夜に対する印象が不思議な件について、眠れず不安な方へ






夜、といえば
皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。

人にとって眠りという大切な時間は、
大抵は夜と相場が決まっています。
逆に言うと、
人の空白部分でもあります。
重ねて、光の届かない環境ということが
夜という時間帯に何かしら
不安なイメージを与えてるように思います。


夜の一般イメージをみると

夜って、一般には
暗くて静かで淋しいですよね。
そんな環境が、
『オバケは夜に出る』と印象付けるのでしょう。

でも、ただの天体の動きが起こす現象で
いってしまえば宇宙の中でも
こんなに光の恩恵を受けている星もありません。
昼間は当たり前ではなく、特別な時間帯。
むしろ夜こそが、宇宙のありのままだと
私は感じています。


私の夜へのイメージは少しヘン?

私は鬱病という状況の中で
夜こそが自分に必要な時間であると思っています。
眠りもそうです、しかし他にも色々。

例えばこんな時です。
不安定な精神状態ですので、
眠りが途切れてしまうこともしばしばあります。
そんな時は、動悸が伴うことも多く
夜中の3時前後に
1人でボーっとすることもあります。
そんな時に感じるのが、夜は静かで
心が静まりやすいということ。
真っ暗な空間が、むしろ心地良いんです。
昼間の雑踏や人間関係から解き放たれ
『この時間は、自分にとって貴重だ』
と毎回感じるんです。


最後に

夜が怖い、不眠で焦る方に
夜の素晴らしさを知って欲しいんです。
闇が怖いですか?
1人が怖いですか?
静寂が怖いですか?

私は逆に感じることがあります。
陽に照らされるのを、避けたくなる。
人間関係が、プレッシャーになる。
雑踏の中が、ひどく疲れる。

夜は私にとって、
一番のリラグゼーションなのかもしれません。

皆さんも、寝てない夜があったなら
その時間と空間を受け入れてみてください。
夜は、昼とは違う力を
与えてくれているように思えてならないのです。



2016年2月18日木曜日

不眠の定番【ヒツジを数えると眠れる】について





『眠れない時は、ヒツジを数えなさい』
昔からある、眠れない時のおまじないですね。
でも、実際に眠れる人って
どれくらいいるのでしょうか?


日本人には効果が薄い?

この風習は、北欧から伝わったとされています。
北欧ではヒツジが草原で遊ぶ姿を
ピクニックで楽しむなど
ヒツジがとても短な存在なんですね。

眠る前にヒツジを数える時は
日本人の場合
『ヒツジがいっぴき』ですが
北欧では
『One  sheep 』です。
実は英語の発音で数えることで
効果を発揮するといわれています。

1つめが
sheep(シープ)とsleep(スリープ)の
発音が似ていること。
無意識のうちに、
眠ることを自己暗示しているというのです。

2つめが
シープという発音には
鼻から息を吸うシーの音と
口から息を吐くプーという2つの音が含まれます。
自然と深呼吸を行い、
気持ちを落ち着ける効果があるとされます。


それでもヒツジで寝たいあなたへ

日本にヒツジが上陸したのが、
江戸時代といわれています。
それまでは馴染みのない動物だったんですね。
現代でもそう身近な存在とは言えない気がします。
思い浮かべるのは動物園の柵の中にいる存在…

また、眠れない状態で数えるということは
脳が興奮した状態にも関わらず
さらに脳を使い活性化させる可能性もあります。

そこでオススメしたいのは
数えずに、
ヒツジが繰り返し目の前をゆっくり通り過ぎていく
という映像を思い浮かべること。
繰り返すという動作や思考は、
α(アルファ)波により脳を落ち着ける効果があります。
また、穏やかでフワフワな生き物が通り過ぎるのは
人によって安心感を生むでしょう。


まとめ

『ヒツジを数えると眠れる』は
日本人にはあまり向いていないかもしれませんね。
それぞれのオリジナルで
『空を流れる雲』など、好きな映像を繰り返すのも
良いかもしれませんよ!

2016年2月14日日曜日

鬱に効果のあるハーブ、レモンバーム


サッパリ系ハーブ代表レモンバーム


ハーブに興味があれば
耳にするであろうこの名前。
その爽やかでさっぱりした風味は
誰もを虜にします。
花の香りも素敵で、
ミツバチが誘われてきます。
そのため、別名を
メリッサ(ラテン語でミツバチ)
と呼ぶことがあります。


長寿のお茶!

このハーブティを毎日飲み、
100歳をこえて長生きしたという話があり
長寿のお茶としても認識が高いのです。
効能は、
不安やイライラを和らげ
気持ちが穏やかになります。
抗鬱作用があるとされていて、不眠などにも
効果を発揮します。


名前の通り、スッキリした味わい

なんといっても、いちばんの特徴は
その清涼感でしょう。
スッキリとしていて、ブレンドのアクイセントに
よく使用されます。
またアイスでも美味しくいただけるので
夏場はアイスティーとしても
好んで飲まれます。
私のオススメは
レモンバーム
レモングラス
レモンバーベナ
の三種類のブレンドティーです。
スッキリしながらも、深い酸味が楽しめます。
是非おためしください。

鬱に効果のあるハーブ、レモンバーベナ






意外と知られていないレモンバーベナ

私はこのハーブが大好きなのですが
なかなか認知度は低いようですね。
成長すると3mほどにもなりますが、
私は鉢植えで上の枝を切り、
左右に枝を伸ばさせて収穫を楽しみました。
花は純白で、夏には見ているだけで涼しく
そよ風に葉が擦れ香ると
さらに爽やかな気持ちにさせてくれます。


神聖な草、レモンバーベナ

バーベナとは神聖な植物という意味だそうで
犠牲を捧げる、誓いを立てるなどの際に
重要な役割をはたしていたそうです。
また、花言葉も『忍耐、関大、魅力』と
なにか力強さすら感じてしまいます。


その効能は?

不安な気持ち、悲しい気持ちを癒すといわれ
気持ちが明るくなるといわれます。
不眠にも効果があり、それ以外にも
消化器系の調子を整えたり
気管支炎にも効果があるので、
風邪気味の時には飲んでみたいですね。


その味は?

レモン由来の芳香成分があり、レモンのように
スッキリとした味わいです。
またサッパリした中に香る、
独特の風味がとても好きです。
私は清涼感のあるハーブと
ブレンドするのが好きですが、
苦みがあったりして
飲みにくいハーブに混ぜてやると
とてもスッキリ飲めますよ。

2016年2月12日金曜日

鬱に効果のあるハーブ、ラベンダー






メジャーだけど、実はすごい!

芳香剤、消臭剤などでもおなじみの
とてもメジャーなハーブです。
よく乾燥したものを布に詰めた
匂い袋などもありますね。
あのステキな臭いに、誰もが
癒され落ち着くことでしょう。
実際に、薬効として
不安の解消、イライラを抑える
眠りへの導入効果などがあります。


体調も改善させる癒しパワー

神経がトゲトゲしていると
消化器系や整理に不調をきたしたり
頭痛や高血圧、動悸などの体調不良が
起こることがありますね。
ラベンダーはそれらを神経を沈めることにより
改善させる効果が期待できます。


好き嫌いのわかれるハーブティー

ステキすぎる香りのおかげで
ラベンダーの香り=消臭剤=トイレ
という方程式が無意識に呼び起されます。
人によってはこれのおかげで、
飲み物として認識しづらい部分があるようです。
ただし、まろやかでほのかに甘い味は
とても気持ちが落ち着きます。
少し工夫してブレンドで飲むのも
良いかもしれません。
私は、セントジョーンズワートと合わせて
まろやかなお茶として飲むのが好きです。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack