2016年8月22日月曜日

私の夜に対する印象が不思議な件について、眠れず不安な方へ






夜、といえば
皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか。

人にとって眠りという大切な時間は、
大抵は夜と相場が決まっています。
逆に言うと、
人の空白部分でもあります。
重ねて、光の届かない環境ということが
夜という時間帯に何かしら
不安なイメージを与えてるように思います。


夜の一般イメージをみると

夜って、一般には
暗くて静かで淋しいですよね。
そんな環境が、
『オバケは夜に出る』と印象付けるのでしょう。

でも、ただの天体の動きが起こす現象で
いってしまえば宇宙の中でも
こんなに光の恩恵を受けている星もありません。
昼間は当たり前ではなく、特別な時間帯。
むしろ夜こそが、宇宙のありのままだと
私は感じています。


私の夜へのイメージは少しヘン?

私は鬱病という状況の中で
夜こそが自分に必要な時間であると思っています。
眠りもそうです、しかし他にも色々。

例えばこんな時です。
不安定な精神状態ですので、
眠りが途切れてしまうこともしばしばあります。
そんな時は、動悸が伴うことも多く
夜中の3時前後に
1人でボーっとすることもあります。
そんな時に感じるのが、夜は静かで
心が静まりやすいということ。
真っ暗な空間が、むしろ心地良いんです。
昼間の雑踏や人間関係から解き放たれ
『この時間は、自分にとって貴重だ』
と毎回感じるんです。


最後に

夜が怖い、不眠で焦る方に
夜の素晴らしさを知って欲しいんです。
闇が怖いですか?
1人が怖いですか?
静寂が怖いですか?

私は逆に感じることがあります。
陽に照らされるのを、避けたくなる。
人間関係が、プレッシャーになる。
雑踏の中が、ひどく疲れる。

夜は私にとって、
一番のリラグゼーションなのかもしれません。

皆さんも、寝てない夜があったなら
その時間と空間を受け入れてみてください。
夜は、昼とは違う力を
与えてくれているように思えてならないのです。



0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack