2016年4月11日月曜日

裏ワザ!動悸をすぐに落ちつかせる方法





先日の健診で、動悸が心因性であると
改めて確認が取れました。
心臓の疾患でないという、良い結果
でも私にとっては
モヤモヤした気持ちしか残りませんでした。

最近は、抗鬱剤の効果もあり
落ち着いた日々が続きます。
そんな中で、謎に増えた動悸
動悸はだんだんと強く多くなり
心療内科を飛び出し
循環器系内科にかかったのです。
それが空振りとなったため
『動けなくなるほど動悸は強いのに
それが心因性となると治しようがない…』
見えない相手と戦っているようです。

そんな私でも、ただ動悸を
耐えていた訳ではありません。
これまで調べた方法で、役立つものが
いくつもありました。
そんな中に、とても簡単に
そしてすぐに効果の出る方法があるので
今回はそれを紹介いたします。


ゆっくりと瞼の上から目をおさえる

あくまで目ですので、
優しくゆっくりと行ってください。
まず目を閉じます、そしてその上に
やさしく指先を乗せます。
私の場合は、斜め下から
人差し指と中指を乗せています。
そして、目を押すというよりも
目の奥にじんわり刺激を感じる
という感覚で、10秒ほど乗せます。
これでおしまい、簡単ですよね。
簡単すぎて拍子抜けですが、
私が試したところ
動悸がして少し休む際に併用すると
かなり効果が実感できました。


目をおさえることに、何の効果が?

目は、顔の中心にあり
その裏には脳があります。
目の裏側には、見る為の神経以外にも
臓器を支配する迷走神経という
自律神経が脳からきているんです。
迷走神経は、副交感神経と
大きな関わりを持ちます。
目に軽い圧力が加わると、裏にある
迷走神経が刺激されます。
交感神経により興奮状態にあり
動悸の原因となっています。
副交感神経が優位になる事で
それらの症状も和らぐのです。
医学的には
眼球心臓反射
(アシュネル反射)と呼ばれています。


まとめ

私もですが、動悸が起きると
パニックや不安感に襲われます。
すると普段より動悸に関して敏感になり
さらに動悸を強くしてしまうそうです。
動悸が起きたら、とにかく冷静に
すぐにおさまる事を覚えておきましょう。




0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ZenBack